ABS警告灯って?

ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)とは緊急にブレーキを踏んでタイヤがロックした場合、ブレーキを踏んだ状態でブレーキの解除、作動を自動的に繰り返し、タイヤのグリップ力を回復させます。それと同時に自動車の走行安定性を保ち、スピンを抑えたり、障害物をハンドル操作で回避することも可能になります。凍結した路面など滑りやすい路面ではその効力が発揮されます。

 

万が一走行中にこの装置の警告灯が点灯した場合は、軽くブレーキを踏んで、ブレーキのかかり具合を確かめます。
異常を感じなければ、走行は可能ですがアンチロックブレーキシステムの機能は停止しているので急ブレーキをかけるなら横滑りや、ハンドル操作の安 子供10

それでできるだけ早く最寄りの自動車販売店や整備工場で点検修理を行う必要があります。
日頃の注意点としてタイヤの溝と空気圧をこまめに確認します。なぜなら制動力を路面に伝えるのはタイヤだからです。
タイヤは必ず4輪とも指定のサイズのものを装着させます。外径の異なるタイヤを混用させると正常にこのこの機能が働かなくなる危険があるからです。

 

また長い下り坂ではエンジンブレーキとフットブレーキを併用するようにします。
日頃からよく点検整備するなら快適なカーライフを楽しめます。

コメントは受け付けていません。