‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

燃料警告灯のこと

2014/06/13

燃料切れで車が高速などで止まっているニュースを良く見ますが、自分で対処できる事故です。

 

しっかりと警告灯などで車はガソリン給油のサインを出してくれます。

そのサインを見逃さずにしっかり給油できていればこういった事態にはならなかったのではないでしょうか、

 

しかし油断をしていたのも確かで夏の時期では車内のエアコンを入れて暑さをしのぎますので知らず知らずのうちにガソリンを捻出しています。

 

それで次のインターでガソリンを給油しようと思っていたところ渋滞にはまってガソリンを使い切ってしまったのでしょう。

 

特に大型車両はそういったガソリンの持ちがあまりよくないので常にガソリンを気にして走行しなくてはならないようです。

 

警告灯のランプがついたらすかさずガソリンを補給するようにすればこの様な事態に陥ることは考えにくいことなのです。

 

パーキングからパーキングの間の距離が大体25キロ刻みで存在しています。

 

ですから1度の給油のチャンスを逃してももう1度でしっかり給油すればストップすることはありません。

 

ハイブリッド車などはその給油のチャンスが3回ほどあると思って良いようです。その様に車種によってあまりチャンスがなかったりしますのでこまめな給油を心がけましょう。

気をつけるべき油圧警告灯

2014/06/13

自動車には、車両に異常が発生した時、それをドライバーに通知するため、様々な警告灯を表示する機能があります。
運転中にこれらの警告灯を確認した場合、速やかに安全な対策をとる必要があります。

 

エンジンオイルに異常をきたした場合、油圧警告灯が点灯します。
エンジンオイルはエンジンを作動させる上で非常に重要な潤滑油で、エンジン内部のピストンなどをスムーズに作動させるために、エンジン内を循環しています。このエンジンオイルは、オイルタンクに貯蔵してあり、ポンプによってエンジンまで送られています。
エンジンオイルを循環させるために、オイルにはポンプによって圧力がかけられますが、この圧力が弱くなっているなどのトラブルが発生する場合がありま子供11す。

 

エンジンオイルの量が著しく減少している時や、ポンプ自体に故障がある場合です。このような状態になると、エンジンが焼き付いたりという、致命的な故障を起こす危険性が高くなります。

 

警告灯が点灯した場合、速やかに車を停車し、エンジンオイルの量を確認する必要があります。オイルの量が減っている場合は、オイルを継ぎ足し、すぐに修理工場などで点検する必要があります。

 

オイルの量が十分にあって、警告灯が点灯している場合は、ポンプなどの機械的なトラブルの可能性が高いので、車を無理に動かさず、ロードサービスなどを利用する方が安全に対処できます。

自分で対処できる警告灯

2014/06/13

車を安心して利用するためには、運転技術、そして道路交通法などの知識を持っているだけではまだまだ足りません。
車自体のトラブルを事前にチェックで切るというのがベストですし、それができないという事であれば警告灯がどういったことを教えてくれているかというのを見てわかるということも大事なポイントでもあります。

 

車のドライバーから見えるいちに、こういった警告ランプがつく場合があります。
さまざまなものがあるのですが、自分で対処できるものに関してはすぐに処置するということが大事です。
もちろん自分で対処することができないようなトラブルというのも、その警告をしてくれるランプには含まれている場合もあるのでまずひとつひとつ内容がどういったものなのかというのを調べて認識しておきましょう、

 

たとえば、自分でできるものに関しては、一番簡単なのがシートベルト着用ランプです。
またサイドブレーキなどがかかったまま運転をしようとしている時にランプがつくものもあります。
こういったものに関しては、すぐに対処をすることによって問題化しません。

 

しかしエンジンであったり、油圧であったり、水温であったりというのは内部で細かなトラブルがある時というのも考えられるので、整備工場などに連絡をしてみるということも必要な対処方法と言えます。

ABS警告灯って?

2014/06/13

ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)とは緊急にブレーキを踏んでタイヤがロックした場合、ブレーキを踏んだ状態でブレーキの解除、作動を自動的に繰り返し、タイヤのグリップ力を回復させます。それと同時に自動車の走行安定性を保ち、スピンを抑えたり、障害物をハンドル操作で回避することも可能になります。凍結した路面など滑りやすい路面ではその効力が発揮されます。

 

万が一走行中にこの装置の警告灯が点灯した場合は、軽くブレーキを踏んで、ブレーキのかかり具合を確かめます。
異常を感じなければ、走行は可能ですがアンチロックブレーキシステムの機能は停止しているので急ブレーキをかけるなら横滑りや、ハンドル操作の安 子供10

それでできるだけ早く最寄りの自動車販売店や整備工場で点検修理を行う必要があります。
日頃の注意点としてタイヤの溝と空気圧をこまめに確認します。なぜなら制動力を路面に伝えるのはタイヤだからです。
タイヤは必ず4輪とも指定のサイズのものを装着させます。外径の異なるタイヤを混用させると正常にこのこの機能が働かなくなる危険があるからです。

 

また長い下り坂ではエンジンブレーキとフットブレーキを併用するようにします。
日頃からよく点検整備するなら快適なカーライフを楽しめます。

早急な対応を要するAT警告灯

2014/06/13

自動車には多くの警告灯がありますが、その中でも、点灯・点滅したら早急に対処が必要なものがあります。

 

オートマチック車の走行中に「AT」または「A/T」と書かれた警告灯が点灯したら、まずは安全な場所に停車し、エンジンをかけたままボンネットを開けて、冷えるまでしばらく待ちます。

 

しばらくしてもランプが消えないようなら、販売店に連絡し、点検してもらうようにしましょう。

 

このランプは、通常は、エンジンのスイッチを入れたときに点灯し、エンジンがかかりしばらくすると消灯するものです。

 

しかし、走行中に点灯した場合は、オートマチックトランスミッションオイルが高温になっています。

 

または、オートマの制御に異常があるときに点灯する場合もあります。

 

オートマチックトランスミッションオイルが高温になったままで下がらないときは、オートマのシステムやポンプに異常が生じていることが考えられます。

 

これらは大変高い部品なので、無理をして故障してしまうと、廃車にした方が安いという事態になりかねません。

 

出先でランプが点灯しても、「帰るまではまだ大丈夫だろう」とそのまま乗るなど無理をせず、なるべく早いうちに、販売店で点検と補修を受けた方がよいでしょう。

やや危険な排気温警告灯

2014/06/13

排気温の警告灯は、これが付いたらやや危険な警告灯の一つです。

 

説明書にあるように燃えにくいもののないところへ停めて、整備工場へ連絡するのが良いでしょう。

 

これはマフラーの触媒部分にあります。

触媒は不完全燃焼した燃料を燃やしきって排気ガスとして有害ガスを出さないための装置ですが。

子供09

未燃焼ガスが大量に出てしまうと触媒で異常に燃焼し触媒の温度センサー異常を検知して警告灯が点くのです。

 

この場合に最悪未燃焼のガスが異常に燃焼することで火災が起こる可能性があり、原因をはっきりさせるためにも直ぐに整備工場、出来ればディーラーへ連絡を取るのが良いのです。

一般的によく起こる故障としては電装系のトラブルがあります。

スパークプラグなどに異常があり一部のシリンダーが未燃焼になった場合に、そのシリンダーだけまったく燃焼せず生の燃料を出してしまいそれが触媒で燃えて異常燃焼になるのです。

 

単純なスパークプラグのトラブルならば、そのプラグだけ交換すれば直りますが、大抵の場合はセンサーが燃え尽きてしまうので、警告灯は消えません。

 

修理しても警告灯が消えないようならば、センサーも交換しなければなりません。センサーの交換は比較的簡単です。

充電警告灯

2014/06/13

自動車に乗っていると、警告灯に驚くことが有りますが、その意味をしっかりと理解していなければ、どのような警告なのか知ることができません。

 

バッテリーの形をした充電警告灯はバッテリー系統の異変を知らせています。
これは文字通りバッテリーの蓄電が不可能な状態であったり、オルタネータやベルトなどの異常がある場合があります。

}PgžxQ

オルタネータとは、簡単にいうとエンジンの回転エネルギーを電気エネルギーに変換する装置のことを言います。
エンジンから伝達される機械的な運動エネルギーを交流の電気エネルギーへと変換させます。
そしてダイオードと呼ばれる交流を直流へ整流する整流器を通して、車に使う電気へと変換しているのです。
このオルタネータが異常を起こすと、ドアが開かなくなったり、窓が閉まらなくなったりと、電気系統全てに異常が起こってしまいます。

 

また、ベルトはエンジンの動力をオルタネータへつなげる重要な役割をしています。
このような装置に異常が起こってしまうと、自分の力で修理を行うのは非常に困難です。
最寄りの自動車ディーラーや、自動車整備工場などで修理をしてもらうようにしましょう。

 

また、電気系統の部品は感電などのおそれがあるためにむやみに触らないようにしましょう。

ブレーキ警告灯

2014/06/13

ブレーキのような制動装置が車に備わっているお陰で、私たちは安心して車を走らせることができるのです。もしこのような制動装置がなかったとしたら、一度動き出した車を止めることはできません。もし止めるとなれば、その車をぶつけて止めるような強硬手段にでなければならないでしょう。そのようなことにならないようにするためにも、制動装置がちゃんと車に備わっていることは絶対条件であり、またこれらを普段からしっかりと点検しておくことで、いつでも安定した制動をかけることが可能となります。

 

時に、運転席の前にあるメーター類の所には、この制動装置に関わる警告灯がいざという時に点灯するようになっています。その殆どは制動装置の戻し忘れによって点灯することですので、そんなに心配することはありません。しかし制動装置もしっかりと解除してあるにも関わらずこれらのランプが点灯するとなりますと、これは少し大変な事になるかも知れないことは覚悟しておいた方が良いでしょう。制動装置周辺において、何らかの異常があるということを知らせているのです。

 

特に恐ろしいことはホースからのオイル漏れです。油圧式によって制動がなされる仕組みですから、オイルが漏れると制動されないということになってしまうのです。このような場合はすぐに修理工場に持って行って点検してもらって下さい。

販売店に相談すべき警告灯

2014/06/02

運転中に限らず、ドライバーに車両の異常を示す警告表示が出た場合には注意が必要です。

 

しかしその中でも販売店に相談すべき警告灯と自分自身で対処できるものがあります。

 

自分自身で対処できるということは、単なる注意不足によるものが多いです。}PgžxQ

 

例えば、ドアが半ドア状態であるとき、シートベルトを装着していないとき、ウォッシャー液が不足しているとき、ガソリンの残量が少なくなっているとき、EV車のバッテリー残量が不足しているとき等です。これらは緊急を要するものではありませんがすぐに対処できるものです。

 

次に、ATフルード、フューエルフィルター、油圧系に関するものは普段自動車の点検を行っていたり、知識のある方なら当面の対処はできますが、最終的には販売店に相談したほうがよいでしょう。

 

最後に、必ず販売店に相談しなければならないのは、ブレーキ、充電系統、エンジン系統、エアバッグやABSなどです。

 

これらは運転の制御が困難になるものですので、走行に支障をきたすばかりではなく、大きな事故に繋がります。

 

いずれにせよ、警告のランプが点灯したら、重大なトラブルが発生している印ですので、速やかに停車して、エンジンをかけなおしても何も変わらない場合にはすぐに整備に出すべきです。