燃料警告灯のこと

燃料切れで車が高速などで止まっているニュースを良く見ますが、自分で対処できる事故です。

 

しっかりと警告灯などで車はガソリン給油のサインを出してくれます。

そのサインを見逃さずにしっかり給油できていればこういった事態にはならなかったのではないでしょうか、

 

しかし油断をしていたのも確かで夏の時期では車内のエアコンを入れて暑さをしのぎますので知らず知らずのうちにガソリンを捻出しています。

 

それで次のインターでガソリンを給油しようと思っていたところ渋滞にはまってガソリンを使い切ってしまったのでしょう。

 

特に大型車両はそういったガソリンの持ちがあまりよくないので常にガソリンを気にして走行しなくてはならないようです。

 

警告灯のランプがついたらすかさずガソリンを補給するようにすればこの様な事態に陥ることは考えにくいことなのです。

 

パーキングからパーキングの間の距離が大体25キロ刻みで存在しています。

 

ですから1度の給油のチャンスを逃してももう1度でしっかり給油すればストップすることはありません。

 

ハイブリッド車などはその給油のチャンスが3回ほどあると思って良いようです。その様に車種によってあまりチャンスがなかったりしますのでこまめな給油を心がけましょう。

コメントは受け付けていません。